スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九回:INNOCENT

 PCゲーム「ジュエルスオーシャン」の主題歌。発売元のエスクードといいますと、今や「ガチャガチャきゅ~とふぃぎゅ@メイト」(MOSAIC.WAV)のほうが有名ですが、この曲も、方向性は違えど聴き応えのある曲だと思われます。詞自体はシリアスながら所々ビートの激しい曲で、ゲームの雰囲気とよくマッチしています。


 ゲームのほうはSLGとAVG。燃える展開と奇特なキャラクターたちが人気を集めました。もう少しSLGに幅を持たせていれば、あるいは名作になりえたでしょう。完成度自体は悪くないです。エスクードのSLGはかなりタクティカルなものが多く*1、とくに「ふぃぎゅ@メイト」などはユーザー泣かせの難易度を誇っています。そんな中にあって、この作品のシステムはかなり淡白でして、一度パターンを覚えてしまえばSLGが苦手な方でもどうにか楽しめる作りになっています。ただ、個人的には淡白すぎた感があります。今でもこの印象は拭えませんね。

 プリマヴェールは見送りましたが、新作の「ワンダリングリペア」に期待しています。




 「INNOCENT」のサンプルは、Game-Styleのページにて視聴されてください。

http://www.game-style.jp/special/200402/27/00jew_es.php


			
INNOCENT
作詞:みるくくるみ 作曲:AngelNote 編曲:AngelNote 歌:みるくくるみ Chorus:中山マミ Don't be afraid  君に出会うため In the dark  探しつづけてる 深い深い空の下 儚く光るinnocent world どんなに傷ついても こんなに求めてる 失っても温もりは ココに残っているよ 人が流した涙に 迷いもがき続けてる 逃げだしたくないよ 消せない痛み抱えながら the truth stay with you こんな僕にでも stay with love 出来ることがある 大切な人の為に 生き続ける innocent world 手のひらの雪のように すぐに消えてしまわぬように 動けなくなるその前に ぎゅっと抱きしめたくて 手を離してはいけない 出会いがそこにあるなら 守りつづける為 どんなことも恐れないよ the truth Don't be afraid  君に出会うため In the dark  探しつづけてる 深い深い空の下 儚く光るinnocent world 誰にも覗けない 心の中は 真実だけが 胸で叫びつづけている stay with you こんな僕にでも stay with love 出来ることがある 大切な人の為に 生き続ける innocent world Don't be afraid  君に出会うため In the dark  探しつづけてる 深い深い空の下 儚く光るinnocent world 大切な 人のため 生きてゆく Don't be afraid 君に出会うため

*1:「メタモルファンタジー」が過去最高だと思っています。

スポンサーサイト

『シンシア―Sincerely to you―』評・壱

 シンシアルートとマリアルートを終わらせました。全体的に好印象です。狼少女と‘先生’の対話を中心に物語は紡がれます。背景が少しごちゃごちゃしてますが、ヒロインのシンシアが異常なまでに可愛い。まきいずみさんのCVが群を抜いてます。ボイスの威力ここにありですね。


 シナリオはなかなか読める出来に仕上がっております。シンシアルートはバッド・トゥルー・グッドに分かれるようですが、中でもバッドエンドの出来が大変よろしい。これこそトゥルーエンドと言えるでしょう。一番理想的な締め方でした。


対してマリアルートとシンシアトゥルールートは少し駆け足過ぎます。シンシアに関しては、バッドを一回見なければトゥルーへと行けないようですが、ここに意味がないのが残念でした。トゥルールートは、エロゲーということが仇になっているような…。‘愛’に行き着く動機が薄すぎたのかもしれません。マリアルートも右に同じ。



 残るは瀬那ルートなんですが…、知人に野暮用を沢山押し付けられてしまいまして。今日は(も)徹夜ということになりそうです。出来たら早めに終わらせてプレイしたい。「そして明日の世界より――」も積みっぱなし。どうしたもんか。





 そういえば、原画家のEinさんがこんなことしてました。


録画テストにぬこ風のなにか描いてみた(ニコニコ動画)


もうプロが大々的に参入するようになったんですね。はやいはやい。





追記・・・秋葉原に行ったら、「ほしフル~星藤学園天文同好会~」が投売りされてました。たぶん1000円切ると思うので、そうなったら買ってみます。地雷ということは先刻承知で。

聖地探訪―東京中部編―

 長らくお待たせしました。テキストにするのが遅れてしまい申し訳ありませんでした。これのせいで、今日は完全に徹夜状態です。眠い…。



【注】地名や特定の場所を出すかどうかについてはさんざん迷ったんですが、参考になるかと思い、かなり詳細な情報まで書くことにしました。これについては様々な議論があると思います。そして、私は「この程度まで公開してもいいのではないか」という見地に立っているため記載している次第です。

 以下の文章には現実世界の地名が多く登場します。そのため「2次元にリアルを持ち込むな!」といった方は、たぶん読まないほうがいいです…。その旨、ご理解の上お読みいただければ幸いです。ではどうぞ。







 去る11/2のこと、余暇を利用してPCゲームの背景を中心に色々と撮影しに行ってきました。普通なら授業があるはずの平日でしたが、あいにく学祭のため学校はお休み。つまり暇を持て余していたというわけです。さっそく友人の華烈氏にアポをとって日時を調整。以前、「ひぐらしのなく頃に」の背景ポイントは全て訪れていたので、今回は友人華烈氏のナビゲートを兼ねて回ることになりました。






それから、どこを回るかとか色々勘案しました。が、ここは割愛して…。








 まず我々が降り立ったのは、東京は地下鉄東西線葛西駅。しかも朝の9時。ぐぅたらな生活してる大学生なら、大半が寝てる時間です。私も眠い目をこすりつつ華烈氏と合流。氏も案の定辛そうだ…なんて思ったら、なんと徹夜してたとの話。「いやいや、寝とけよ」と溜息をついたのは言うまでもありません。背景撮影はある意味体力勝負なのです。






 さて、そうやってだべりながら歩いているうちに最初の撮影ポイントに到着。葛西駅から徒歩10分くらいのところです。「ひぐらしのなく頃に」より興宮の十字路。麻雀を打つ前の会話のシーンで使われたと思います。ちなみに電柱の広告が新しいものに変わっております。ただこのシーンの画像、どうもメモリから消去しちゃったらしい…。うーん…ど、どこにいったんだろう…。ともかく画像がないので、ここは割愛するしかないようです(出鼻挫いてすみません~)。






 そのまま西葛西駅へ向かって一路歩いていくと、ひぐらし世界における興宮の市街地に入ってゆくことになります。次なる撮影ポイントはおもちゃ屋……のはずだったんですが、あいにく開店時刻だったらしく、店の主人が表を掃いていらっしゃいました。他人に迷惑がかかるのは風紀上タブーですので、ここは後回しにして、先にエンジェルモートへ行くことに。運よくそちらはすぐに撮影できました。






f:id:bbm-Atora:20071102095731j:image:w360,h240,left


看板のロゴでもうお分かりかと思います。「料理ができない主婦の味方!」……かもしれません……そう!ジョナサンですね。本編では、外観に加えてトイレの内装までも同じものが反転して使用されているのですが、時間的な都合と店内への迷惑を考えて、その場所は撮影しませんでした。最初に訪れた時、領収書に「園崎様」とか「北条様」とか書いてもらった事はヒミツです。ともかくここは大通り沿い、しかも交差点の近くに立地しているので撮影するのに一苦労。一応、幅の広い路側帯の内側から撮ってます。間違ってもよいこは車道に入って撮らないようにしましょう!





 次に向かったのはそのジョナサンのすぐ近くの野球場……の裏手にあるミニ野球場。沙都子がホームラン打ったところですね(一番印象に残ってるシーン)!これは資料を持っていかなかったので、アングルが微妙です。当日は門が開いておりまして、運良く中まで入る事ができました。ゴルフボールが飛んでこないことを祈りつつ何枚かカシャッ!







f:id:bbm-Atora:20071102100704j:image:w360,h240,left

f:id:bbm-Atora:20071102101251j:image:w360,h240,right


紙幅の関係上、2枚に留めております。この他にもアングルあるはずなんですけど、如何せん資料がなく断念…。ただ、ここも去年訪れていたので、最初ほどの感慨には浸れませんでした。


そうやって時間を潰しているうちに、おもちゃ屋も完全に開店しただろうということで、早速向かってみることに。











f:id:bbm-Atora:20071102102335j:image:w360,h240,left

f:id:bbm-Atora:20071102102649j:image:w360,h240,right


近景と遠景画像の2枚。今では珍しい昭和の空気を漂わせるおもちゃ屋です。ちなみに店内の構造は本編とは明らかに違います。








 これにて「ひぐらしのなく頃に」葛西編の背景撮影はおしまい。次は「FORTUNE ARTERIAL」と「うみねこのなく頃に」の元ネタとなった旧古河庭園へ、電車を乗り継ぎつつ移動します。

 ところが、ここに来てまさかのカメラトラブルが発生…。談義の結果、急遽近場の秋葉原に向かうことになります。えらく型の古いカメラなんで、ちょっと使い勝手が悪いんですよね。そろそろ買い換えも検討しないとダメみたいです。

 もはや直らない時は携帯のカメラで代用してもいいやと思ってたんですが、電車に乗ってる途中で不調の原因が判明し問題解決。このトラブルの影響で、30分ほど時間をロスしてしまいました。やはりタイムテーブル通りにはいきません。






 そんなこんなで駒込駅に到着したのは12時過ぎ。近頃の東京は4時を過ぎると暮れはじめるので、それまでになんとか主要スポットの撮影を終わらせねばなりません。私の地元は九州なんですが、東京に来て1年目の頃、あまりの夕暮れの訪れの早さに馴染めませんでした。要は暗くなるのが早すぎるんです。ここら辺は東と西の大きな感覚の違いでしょうね。

 結局目的地の旧古河庭園に着いたのは12時半の少し前。すでにかなりの時間を食ってしまってたので、休憩もそこそこに撮影を開始……したのはいいんですが、人の多いこと多いこと。当日は曇天が続き、一時は小雨も降るような天気だったにもかかわらず大勢の人が訪れていました。主にお年を召した方が多かったです。なるべく人物を入れたくないので、機会を窺いつつ撮影するも、どうしても人が映ってしまいます。これは観光地仕様で仕方ないところがありますね。白川郷(雛見沢村)のほうもそうだったんで…。時間もおしていたので不精不精ながら撮影を試みます…。









 では、「うみねこのなく頃に」の立地関係の順に見ていくことにいたしましょう。








f:id:bbm-Atora:20071102123948j:image:w360,h240,left

f:id:bbm-Atora:20071102124222j:image:w360,h240,right


ゲストハウスまでの道その1・その2。ちなみに、浜辺から上っていく階段は別の場所が使われています。本編では「蛇腹になって捻くれた道」と書いてありますが、現実世界ではあまり続いておりません。庭園に続くほんの脇道のような感じでした。










f:id:bbm-Atora:20071102122212j:image:w360,h240,left

f:id:bbm-Atora:20071102123727j:image:w360,h240,right


見てのとおり石段です。やはり本館までの道に使用されています。アングルが判らなかったので適当になってしまいました。後々見返してみますと、左の写真は全然違いますね。右の写真はもう洋館を中央に持ってくるべきでした。なにぶん慣れていないので下手なのは勘弁して下さい…。



 ここを抜けると、ようやく洋館が視界に入ってきます。が…その前に。









f:id:bbm-Atora:20071102125707j:image:w360,h240,left

f:id:bbm-Atora:20071102125302j:image:w360,h240,right

f:id:bbm-Atora:20071102124742j:image:w360,h240,left


バラ園です。背景を撮りに来たという目的を忘れてしまうほど、絢爛たる様子で咲き乱れる花の数々は、情緒豊かな洋風庭園そのものです。荒んだ心が洗われます(苦笑)。本編の頃と比べるとだいぶ整備されているようで、若干植え込みの配置が違う場合があるようです。2枚目のアングルは、完全に前に寄りすぎた感があります。











f:id:bbm-Atora:20071102131337j:image:w360,h240


こちらは嘉音くん初登場シーン。残念ながら猫車は見当たりません。比較的うまく撮れた一枚。ここまでが洋館への道です。が、実際はこの順路ではなく、入場するとすぐに洋館が鎮座ましましています。バラ園を抜けると鬱蒼とした森になっているのは、本編でもリアルでも変わりありません。











そして次が今日のメイン、「うみねこのなく頃に」と「FORTUNE ARTERIAL」の共通背景になります。












f:id:bbm-Atora:20071102120407j:image:w360,h240,left

f:id:bbm-Atora:20071102120757j:image:w360,h240,right


旧古河邸全景。「うみねこ」本編ではゲストルームの全景に、「FORTUNE ARTERIAL」では監督生棟にあてられています。設計は、かの有名な鹿鳴館の建設に携わるほどの名工だったジョサイア・コンドルの手によるものです。大正初期の建築様式の面影を色濃く残していますね。庭園の絢爛さとは裏腹に、荘厳さの中に様式美が息づいています。素人目から見ても、一見の価値があると言えるでしょう。

 当初、「FORTUNE ARTERIAL」と「うみねこ」が同じ背景とは思いもしませんでした。「うみねこ」ツアーを企画していた頃に、ちょうどオーガストのHPを閲覧する機会があり、紹介ページを見ていると、そこには何やら見慣れた背景が…。「これは!?」と感じ見比べてみたところ、まさかのビンゴ! なんという僥倖か…これは時期的にラッキーでした。このように、2つのゲームで背景が共通しているケースというのは、他にも何箇所かあるようですね。











もう少しあるので見てみましょう。










f:id:bbm-Atora:20071102132246j:image:w360,h240,left

f:id:bbm-Atora:20071102132510j:image:w360,h240,right


これは…洋館を向かって右後ろから撮ったところです。戦人たちがゲストハウスへ入る際に使用されています。













f:id:bbm-Atora:20071102131518j:image:w360,h240,left


洋館近影。幕間でよく使われています。こういった写真は角度が難しい。思ったよりうまく撮れていたのでびっくり。












f:id:bbm-Atora:20071102130842j:image:w360,h240,left

f:id:bbm-Atora:20071102130323j:image:w360,h240,right


例の倉庫へ向かう道だったと思います。洋館はそれほど大きなものではないので、ゲストハウス前をちょっと突っ切る形となります。倉庫らしきものはなさそうでした。












 ここらで「うみねこのなく頃に」駒込編の背景もひと段落がつきました。お屋敷の内部と六軒島の背景は別の場所との確認が取れてますので、機会があったら足を運びたいと思います。











 しかし、本日の探訪はまだまだ続きます。

 旧古河庭園には和風庭園もあったので、もうちょっと見て回りたかったんですけど、贅沢も言ってられません。なにしろ我々には時間がないのですから!! 結局ここでは1時間ほどカシャカシャ撮って、終わり次第すぐさま駒込駅へとんぼ返りしました。

 そして、そこから南北線を使って麻布十番に移動。今度は「リトルバスターズ」の背景探しです。ここも情報が薄くぶっつけ本番になっちゃいましたが、公園を目印にすることでなんとか辿りつきました。華烈氏、よく病院のロゴに気がついた!!飴をやろう!(違











f:id:bbm-Atora:20071102142233j:image:w360,h240,left


小毬が募金活動をしていた場所ですね、たしか。でも実際は人よりも車の量のほうが多く、募金活動にはあまり向いてないようです。リトバスはいつかコンプしたいと思っているのですが、今のところ一箇所しか行ってません。












ここで既に2時過ぎ。リミットまでは約2時間となりました。急げや急げというわけで、やはり電車をいくつか乗り継いで駒場東大前まで移動。筑波大学付属駒場高校、通称ツクコマへと歩みを進めます。ここらへんになるともう足がついてこない。華烈氏も半ば憔悴している様子でした。本当はここは外側だけ撮って、すぐ前田侯爵邸のほうに向かうつもりだったのですが、なんと当日は文化祭が開かれておりまして。前情報なしで、体よく中まで入場侵入することに成功しました。

 入り口でもらった文化祭のパンフを見てみると中身の濃いこと濃いこと…。出し物の中に東方キャラ(西行寺幽々子と魂魄妖夢)がいたり、「聖地にて」と書かれた写真までも貼っていたりとやりたい放題。「駒場の自由」は伊達じゃないな、とあらためて思いました。私の通っていた高校じゃまず考えられない!!!(苦笑)













f:id:bbm-Atora:20071111182700j:image:w360,h240,left

f:id:bbm-Atora:20071111182701j:image:w360,h240,right


左がツクコマの校門です。ご存知「CLANNAD」の中庭。右の写真はパネルをケータイで撮ってきたものですが、イラストやら「聖地巡礼!」とか書いたパネルも散見されました。私たち以外にも足を運んだグループがいるんですね…。もし時間あったらエロゲーのキャラでも描いてましたよ! これは悔しいな~…。来年行けたら何か描いてやろう、とか思ってたり思ってなかったり。












 さて、長らくお付き合いいただきありがとうございました。次が最後です。







 もうここまで来ると時間的に厳しくなって日も落ち始めたので、以降の撮影は断念し次回に回すことに。駒場東大駅前から徒歩10分の場所にある前田侯爵邸に到着したのは、日も傾きかけた4時頃です。建物のある駒場公園の閉園時間が4時半なので、本当にギリギリのタイミングで飛び込んだ感じでした。

 前田侯爵邸は加賀百万石でおなじみ前田家縁の建造物で、一時は博物館に使用されたこともある大きな邸宅です。やはり洋館はいい。夕暮れ時の曇り空の下で、独特の荘厳さを醸し出していました。


 ここは「うみねこのなく頃に」の本館に使用された経緯により、足を運ぶことにしました。また、内装は「遥かに仰ぎ、麗しの」に使用されており、私はこっちのほうが楽しみだったのですが、当日は休館日だったので残念ながら中には入れませんでした。まあ入れたとしても、時間的に無理だったでしょうが。ちなみに、後日撮影しに行くと行ってたのはここです(用事が重なって未だ行けずじまい…)。











f:id:bbm-Atora:20071102161413j:image:w360,h240,left

f:id:bbm-Atora:20071102161705j:image:w360,h240,right


どちらも「うみねこ」の本館になります。多少木々の繁茂の状態が違うため、違和感が生じますね。アングル的にはこれで確定でしょう。










 さてさて。そうこうしているうちに日もとっぷりと暮れてしまい、探訪も同時に終わりを迎えます。ここを撮った後、食事して帰路につきました。いやー、疲れ果てましたね…。










【まとめ】反省点はいくつもありましたが、今回は「うみねこ」の背景が撮れただけで満足です。電車に乗ってる以外は半日立ちっぱなしだったので、慣れてないと後々になって足が棒になります。あと移動中にパクパク食事してたので、行儀が悪いったらありゃしない。もう少し回るところを減らせば、いい散策になるでしょうね。一番痛かったのはカメラトラブルでした。











以下の表は実際のタイムテーブルです。秋葉原に行ったためかなりのロスが出ています。1時間くらい損してますので参考までにどうぞ。ちなみに運賃は1500円程度といったところです。1日切符で回るのは、路線的に不適と判断しました。

場所到着時刻出発時刻移動手段
葛西9:10同左徒歩
西葛西9:4010:50東西線
茅場町11:10同左日比谷線
秋葉原11:1511:25山手線
駒込11:4512:00徒歩
旧古河庭園12:201340徒歩
駒込13:40同左南北線
麻布十番14:00同左徒歩
公園14:1514:25徒歩
麻布十番14:40同左南北線
溜池山王14:4514:55銀座線
渋谷15:00同左京王井の頭線
駒場東大前15:05同左徒歩
筑波大学付属駒場15:2015:50徒歩
前田侯爵邸16:0016:20徒歩
代々木公園駅16:45-千代田線


 次回は東京西部編もしくは埼玉編を予定しています。おそらく「かにしの」の背景からになると思います。次回はもっとスマートに書けるようにします。読了ありがとうございました!

【!ちゅうもーく!】
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中! 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! 「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!
カテゴリ
【!ちゅうもーく!】
【ヤキモチストリーム】応援中! 『PRETTY×CATION』を応援しています! ま~まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』
カウンター
プロフィール

Atora

Author:Atora
エロゲレビュアー歴10年目。ゲームは基本的に雑食。まわりの評判と自分の直感でプレイするものを決めるタイプ。クロシェットの大ファン。仕事が多忙につき、更新頻度が大幅に落ちています。
何かご用がありましたら lycaon-theあっとjoker.117.cx  までお願いします。

最新記事
リンク
Twitter on FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。