スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『車輪の国、悠久の少年少女』レポ壱

 1/26戦線では『夏めろ』のほうを先にプレイしていたので、車輪のほうが後になってしまいました。バタバタしてる中で、さち編と阿久津編をプレイし終えましたので、メモ程度に書き残しておこうかと思います。



・阿久津編

 はっきり言って重いです。過去の力は偉大だなぁ…。前作とほぼ同じと言っても過言ではないシナリオ展開ですが、私はこれに意味があると思う。下手に話を膨らませなかった分、前作との関係が分かりやすかった気がします。


・さち編

 もうベタもベタ。正直予想通りというか…思っていたような展開。いえ、なにも先が読めすぎて興が冷めたというわけではありませんよ(笑)。本編とのギャップの激しさはありますけど、こちらはこちらでよかったような気がするんです。義務の解消後、伸び伸びとしているさちを目の当たりにして、悪い気持ちはしません。



 こんな感じですね。今のところ、そこそこの評価はつけることが出来そう。兎にも角にも、アリィととっつぁんは貫禄勝ちかな、と。



…ただ、ひとつ問題が。批評空間のほうでは、法月編+ヒロイン編に分割して考えておられる方が多いのですが、これが私には少々疑問でして。もっとも、灯花と夏咲、そして璃々子編をプレイしてみないと、この作品の全体像は掴めないと思います。つらつらと感想を述べてはいるんですが、今後の所感によってはレビューの書きようも変わってしまいそうです。もしかして、評価の高いルートだけプレイしちゃいましたかね?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
【!ちゅうもーく!】
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中! 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! 「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!
カテゴリ
【!ちゅうもーく!】
【ヤキモチストリーム】応援中! 『PRETTY×CATION』を応援しています! ま~まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』
カウンター
プロフィール

Atora

Author:Atora
エロゲレビュアー歴10年目。ゲームは基本的に雑食。まわりの評判と自分の直感でプレイするものを決めるタイプ。クロシェットの大ファン。仕事が多忙につき、更新頻度が大幅に落ちています。
何かご用がありましたら lycaon-theあっとjoker.117.cx  までお願いします。

最新記事
リンク
Twitter on FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。