スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「対魔忍ユキカゼ」レビュー

対魔忍ユキカゼ対魔忍ユキカゼ
(2011/09/23)
Windows

商品詳細を見る
自分でも意外なものに手を出してみました。

評価(☆→★→◎→○→△→×)
シナリオ○
グラフィック★
エッチ☆
サウンド・ボイス★
ゲームシステム○ 


さあさあさあ!寄ってらっしゃい見てらっしゃい。ここに対魔忍という哀れで救いようのない畜生がおりますぞ。さて、今から彼奴らを寝取らせていただきます…………もしあなたが観客を自負するならば、やることは一つです。寝取られる絶望を味わうよりも、すべからくショーを愉しむべし……ちがいますか?


 こういう言い方は暴論かもしれませんが、このゲームのストーリー評価は二の次です。やっぱりエロ。エロなくしてエロゲーを語るなかれとは誰が最初に言ったことやら……。でもまあ、この作品ではそこに尽きますね。

物語がどうとか、シナリオがどうとか、そういう評価は究極的には瑣末なことです。
そのエロは、素晴らしいものをお持ちでございますれば、とくに私があれこれ物申すことでもありますまい。


そもそもエロってのは個人の嗜好によるところが大きいんですが、精液でくちゅくちゅうがいしたり、3連発描写が普通に存在したりと、そんじょそこらのエロゲーよりは紛れもなくエロい。純愛ではなかなか楽しめないシチュエーション満載とあって、ラヴリーな描写は皆無です。軟派な方は少々辛いかもしれません。


 この作品は、一応寝取られということですが、そこまで寝取られ色の強い作品だとは思えませんでした。
 ここでいう寝取り、寝取られの定義は業界でも定着してないんですが、確実に言えるのは、達郎に感情移入するのはナンセンス。リーアル、ゾクト、矢崎の三悪人みたく、寝取る側の土俵に立ったほうが賢明です。主人公であるはずの達郎から、見事なまでにモブキャラ臭を感じてしまうんですね、これが。惚れられてる理由付けってぽいのが、あまりにも脆弱すぎます。寝取られ視点では楽しめないでしょう。



 対魔忍の側に立って堕ちる過程を味わうのは……うーん、これも思ったより機能してない気がするんです。調教自体はすんごく気の長い話なんでしょうけど、プレイヤー感覚としては、陥落度合いとか調教具合とかがいまいちピンとこないんですよ。最期にしても、なんかあんまり悲壮感が湧いてこない。そもそも凛子自体がサブっぽい扱いなので、ユキカゼ視点しか感情移入できない。この仕様には疑問の一言です。


 寝取られ感は先も申し上げたとおり微妙です。いやまあ、描写自体は存在するんですけど、達郎の情けなさが感情移入を阻害しています。主人公とヒロインの関係も意外と希薄なんで、背徳感や倒錯感も、それに比例して薄まっている。
 それならいっそのこと、寝取る側で喰らい尽くした方が愉しめるでしょう。寝取られとしては凡そ好ましくはないですね。


 ここは寝取る側で愉しむのが一興というものでしょう。時と場合によっては、寝取る側が下品なほうがいい場合もあります。たとえ汚い好々爺であっても。




……と考えてたんですが、結局、寝取り視点を端から味わってる観客という立場に落ち着きました。多分、人によって差異があるんでしょうけど、この立場が自分の中ではしっくりきた。寝取り寝取られの描写が弱いせいですね。

 堕ちていく過程はなかなか愉しめそうにないので、シーン一つ一つを切り取って愉しむとよろしいかと。そうすることで、桁違いに実用性を発揮するはずです。最初が合わないなら最後まで合わない。純愛派には、いささかきっついゲームです。



 ストーリーは終始投げっぱなしです。明らかに続編を意識したつくりですが、グッドエンドにロックをかける必要はありません。任務失敗がグッドエンドってのは流石に拍子抜けでした。あれはない。ユーザーからしたら、あれこそがバッドエンドです。



 めくるめく肉欲を味わうには、ある程度の割り切りも肝要なのではと思います。低価格だからといって侮れないゲームです。気になったら手に取ってみてもいいかもしれませんね。その手の嗜好の有る無しにかかわらず。



【雑記】
 私はどちらかというと純愛派なんですけど、それでも愉しみながらプレイできましたね。
「THE GOD OF DEATH」の愉しみ方でプレイしたんで、かなり満足度は高かったです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
【!ちゅうもーく!】
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中! 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! 「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!
カテゴリ
【!ちゅうもーく!】
【ヤキモチストリーム】応援中! 『PRETTY×CATION』を応援しています! ま~まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』
カウンター
プロフィール

Atora

Author:Atora
エロゲレビュアー歴10年目。ゲームは基本的に雑食。まわりの評判と自分の直感でプレイするものを決めるタイプ。クロシェットの大ファン。仕事が多忙につき、更新頻度が大幅に落ちています。
何かご用がありましたら lycaon-theあっとjoker.117.cx  までお願いします。

最新記事
リンク
Twitter on FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。