スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ChuSinGura 46+1 - 忠臣蔵 46+1- 假名手本忠臣蔵編」レビュー

 今回のレビューでは、同人作品の「ChuSinGura 46+1 - 忠臣蔵 46+1- 假名手本忠臣蔵編」を取り上げます。夏コミ(C80)において、第一部とも言うべき本作がリリースされました。まだ完結していない作品ですが、なるべく早いうちにご紹介しておきたかったのです。

 興味ある方は、どうぞプレイなさってみてください。れいんどっぐ様のホームページから、委託販売している小売店のリンクが貼ってあります。

れいんどっぐ様ホームページ



評価(☆→★→◎→○→△→×)
シナリオ☆ 一級品でした。
グラフィック★
エッチ○
サウンド・ボイス(ボイスレス) ◎ ボイス次第では、エッチやシナリオをもっと高められるかもしれません
ゲームシステム△回想が使いにくい感があります 


2011年度にリリースされた同人作品の中では、疑いなくトップを争える位置にいる作品。忠臣蔵というベースがあるから、オリジナリティがないから、パロディ作品だから、といった色眼鏡の類は捨て置けい!! 続編まで乞うご期待。埋もれてしまうのが非常に惜しい。是非手に取っていただきたい一作。

 萌え時代劇である。お侍さんが女人化した上で語られる仮名手本忠臣蔵と言って誤解はない。
 忠臣蔵と新撰組の二つは、いかにも勧善懲悪を好む日本人が好きそうな題材ではないか。名だたる大河ドラマにおいて、やはりこの2つは頭抜けている。

 しかし、エロゲー界ではどうだ。思えば、これまで新撰組の方は題材としてエロゲーでも使われたことがあった(Liar Soft『行殺☆新選組』、May-Be SOFT『学園☆新選組!~乙女ゴコロと局中法度~』、りぷる『りんかねーしょん☆新撰組っ!』 など)が、忠臣蔵を背骨の部分に用いたエロゲーは、寡聞にして知らない。巷では三国志をはじめ、戦国時代や水滸伝などをベースに敷いた作品は名高い。
 忠臣蔵は相対的に見て不遇だった。ようやくエロゲー化されたか、とひとりごちた。



 忠臣蔵を土台としているだけあって、話の大筋は忠臣蔵に限りなく近い。そこに、れいんどっぐオリジナルとでも言うべき小噺や設定が絡んでくるから面白い。シリアスなシーンになればなるほど、四十七士の胸に宿した想いが燃え滾る。
 ぐいぐい引き込まれる。オリジナリティの有無よりもエンターテインメント性の高さを評したい。

 また、テキストが非常に巧く、会話のテンポがスムーズで飽きさせない。かく言う私は一気にプレイできた。濡れ場は若干テキストが弱くなるが、やはり重要なのは本筋。そこはまったくブレないので安心できる。


 大石内蔵助をはじめ、女人となった忠臣蔵の主要人物の魅力が随所にあふれ出ている。たとえば、ボイスレスにもかかわらず、登場人物はこの上なく活き活きとしている。音なくとも、登場人物の魅力が伝わってくるのは、昨今のゲームの制作環境を思えば、なかなかできることではない…。
 絵のレベルも非常に高く、いつ商業化しても私は驚かない。立ち絵の多さは他の追随を許さない。この作品に声が付けば、まさに鬼に金棒。虎に翼である。

 そして、とくに印象に残ったのがラスト。討ち入りの場面は読み応え抜群で素晴らしかった。ところが、物語の第一部を読み終えた後でも、大河ドラマさながらの音楽で臨場感をさらに高めてくれた。これは評価に値する。おかげで読後の余韻がすこぶる気持ちよかった。



 物語が完結次第、あらためて筆を執ることになるだろう。
今回のレビューは、あくまでもこの作品の紹介に過ぎない。
少しでもプレイヤーが増えることを願って筆を擱きたい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
【!ちゅうもーく!】
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中! 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! 「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!
カテゴリ
【!ちゅうもーく!】
【ヤキモチストリーム】応援中! 『PRETTY×CATION』を応援しています! ま~まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』
カウンター
プロフィール

Atora

Author:Atora
エロゲレビュアー歴10年目。ゲームは基本的に雑食。まわりの評判と自分の直感でプレイするものを決めるタイプ。クロシェットの大ファン。仕事が多忙につき、更新頻度が大幅に落ちています。
何かご用がありましたら lycaon-theあっとjoker.117.cx  までお願いします。

最新記事
リンク
Twitter on FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。