スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Tears to Tiara』レビュー【壱】


 リライトにあたって。


 どうしても『うたわれるもの』と比較せざるを得ないのはもはや作品の泣き所となっており、これに基づく評価というのは今まで多数展開されてきた。いつもの私ならここで新たな論を持ち出しているはずだが、今回はそうもいかない。

 『誰彼』前後の凋落ぶりが目立ったLeafにとって起死回生となった『うたわれるもの』。これは『雫』・『痕』・『To Heart』の通称「三部作」以降、なりを潜めていた“新たなスタンダード”を我々に投げかけてきた。つまり、ファンタジーを仕掛け人としたAVGとSLGのフィフス&フィフス構成である。かつて“ビジュアルノベル”を提唱したLeafがエロゲスタンダードを見出したことによって、“誰彼百円”という不名誉な騒動は帳消しになった。

 『うたわれるもの』はまさに救世主であり、革新的であり、ビッグインパクトに成りえる条件が全て揃っていた。


 では『Tears to Tiara』はどうか。上記を踏まえて考えてほしい・・・・・






・・・・・しまった。ついつい書きすぎました(笑)。いまレビューに書いてることはこれと大差ありませんが、もう少し肉付けしています。



今週は教習が切羽詰っているため繁忙になりそうです。早く終わらせて遊びたい・・・。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
【!ちゅうもーく!】
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中! 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! 「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!
カテゴリ
【!ちゅうもーく!】
【ヤキモチストリーム】応援中! 『PRETTY×CATION』を応援しています! ま~まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』
カウンター
プロフィール

Atora

Author:Atora
エロゲレビュアー歴10年目。ゲームは基本的に雑食。まわりの評判と自分の直感でプレイするものを決めるタイプ。クロシェットの大ファン。仕事が多忙につき、更新頻度が大幅に落ちています。
何かご用がありましたら lycaon-theあっとjoker.117.cx  までお願いします。

最新記事
リンク
Twitter on FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。