スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 百花魁編」レビュー

いま最もアツいサークルブランドはどこか。


れいんどっぐ
http://rain-dog.net/


でしょう。そう声を大にして言いたい。
 「ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 百花魁編」のレビューです。文字色を反転させた部分は完全にネタバレです。
評価(☆→★→◎→○→△→×)
シナリオ☆
好き嫌いが出づらい。芯が通って力強い。
グラフィック★
ぬい氏。豊富な立ち絵。
エッチ△
商業化するにあたっての課題とみる。テキストが抑え目。
サウンド○ 
世界観に埋没するサウンド。ピアノがどことなく印象的。
ゲームシステム◎
コンフィグまわりに問題はない。声がついてから。

勧善懲悪の粋。シナリオの構成力、キャラ立ての巧さは一級品。ボイスレスであるがゆえに、そのポテンシャルの高さを知らしめた快作。今後に期待。
 三部通しての評価。まだ物語は完結していないが、次回以降が商業に移るということで、批評空間では点数をつけさせていただいた。



◆シナリオ◆
 平易で誰もが気軽に読める文章で、加速度的に面白くなってくる。商業と見紛うばかりの読み応え。何をもって同人レベルと商業レベルを分類するかは、とてもデリケートな問題だが、葉山こよーて氏が紡いだ物語は、圧倒的な読みやすさと細密画の如き精緻さでもって、他の同人作品を寄せ付けない。ループものでありつつも、三度にわたって回帰に耐えたそのシナリオ強度はもはや実証済み。懐の深さは抜群。迷いのない鮮やかな仕掛けは、まったくと言っていいほどつけいる隙を与えてくれない。細やかな伏線回収も実に丁寧。


 
◆グラフィック、演出◆
 瞠目すべきは豊富な立ち絵、多彩な差分、その安定感に統一感。近年の同人作品の中ではボリュームが頭抜けており、しかも、原画はぬい氏ただ一人。これは、商業でもそう易々と実現できることではない偉業だ。斬り合いでの立ち絵の動かし方が上手く、躍動感の上積みに一役買っているのも一興。得物に限らず、立ち絵に何かを持たせようと試みる意図も随所に汲み取れる。また、逆さで宙吊りになっている立ち絵(逆立ち絵?)は実に珍しい。卓越したデザインセンスと相俟って、既存のテンプレートに拘泥しない志向性の強さは大きな武器。見せ場の一つ、新八郎との決闘シーンは必見。瞬間の描き方は白眉。



◆キャラクター◆
 同人ゲームとは思えぬキャラクターの数は圧巻の一言。そこに、ユーザーのツボを知り尽くしたライターだからこそできる、計算され尽くした人物像がゲームを豊かに彩る。注目したいのが、キャラ立ての引き出しの多さ、センスの良さ。とりわけ、奥田孫太夫と山吉新八郎の時代感を全く無視したはっちゃけ振りには唖然。しかしその異質さは、不思議と彼女たちの魅力へと変容しており、いつの間にか何事もなかったかのように物語に溶け込んでしまう。字面では説明できない感覚的な巧さは、製作陣の大きなアドバンテージ。キャラクター一人ひとりが活きている。



◆エロ◆
 三部に渡ってプレイしたが、総じて実用的とは言いがたい。抜きというよりも、想いの再確認というシナリオに準じた濡れ場という印象。三文時代劇で良く用いられる、悪代官と町娘の構図とは似ても似つかない。したがって、文章上での性表現もかなり抑え目。高潔な繋がりはシナリオにとってプラスに働くが、当のエロが単体で実用的かというのはまた別問題。初々しさは伝わるものの、それ以上の訴求力はあまり感じられない。
 エロの部分は、商業化にあたって最も懸念されるべき点。読ませることを念頭に置いたゲームなので、エロ成分になかなか比重を置きづらいのは不安材料の一つ。それでもなお、魅力的なキャラクターの多いこのゲームでは、今後、攻略対象となりうるヒロインが増えることが予想される。ヒロインが多すぎるあまり、個々のエッチの濃度を薄めざるを得なかった作品は、これまでにいくつも見てきた。その前轍をいかにして踏み抜かないかが、今後の課題だと思う。



◆サウンド◆
 「仇華 ~ADABANA~」が導入として非常に効果的。オープニングで幕開けを感じ、物語中の音に一喜一憂し、「終わりのはじまり」で余韻を味わう。井原恒平氏のサウンドは世界観に浸透しきっており、全体的に曲調にそつがない。惜しむらくは主題歌以外の音楽観賞の不備だが、さしあたってプレイに不自由することはないだろう。
 ボイスレスだからこそ、改めて声のありがたみが認識できるゲームでもある。三部続けてボイスレスであることが惜しまれるゲームは、後にも先にも存在しない。だがそれゆえに、このゲームのポテンシャルの高さはミロのビーナスの両腕のような、あたかも失われた遺物のような魅力を醸し出している。もっとも声優が声さえ充てれば、厚みが増すゲームという大方の見方は正解だろう。僕自身、このゲームに声が付けばどうなるのかを見てみたいという好奇心には抗えない。



【総評】
 忠臣蔵という極太の幹をできる限り生かし、それに対する製作陣なりの解釈とアレンジとを意欲的に茂らせたシナリオは見事。「もういつ商業化しても私は驚かない」と以前のレビューで申し上げたとおり、このゲームにて商業化が発表された点については、賞賛よりも安堵のほうが大きい。そもそも一作目の時点でそれくらいの実力を保持していたと思うからだ。それよりも、僕が折から好印象を覚えていたのは、枝葉である解釈やアレンジの部分。【ネタバレ】歴史家の間でも評価の定まらぬ多門伝八郎を粋な計らいをする好人物に仕立て上げたり、吉良側の人間を総じて悪役っぽい台詞回しに統一したり、史実では自害した萱野三平重実を吉良側に殺させたりと、勧善懲悪ものとして全くブレがない。また、これは僕の勝手な推察だが、おそらく物語の着眼点は、四十七士の一人に数えられる寺坂吉右衛門信行。四十七士として討ち入りに参加していながら腹を掻っ捌かず、唯一戒名に「刃」の文字を持たぬ男。そこから察するのはやや飛躍しすぎている気もするが、主人公深海直「刃」は彼の代役と見ることもできよう。完結していないため、今後の物語の進展には今なお興味津々といったところ。
 ゲームの源泉となった元禄赤穂事件というドラマ性の高い史実。そこから生み出されたのは、純粋な和とは毛色を異にするお江戸ならぬ「亜」江戸的世界観。その強固な土台の上に、葉山流の忠臣蔵の解釈が加わり、誰も成しえなかった忠臣蔵のエロゲー化に成功した。虎に翼、鬼に金棒。声という得物を得たもののふが、どこまで完成度を高められるか。今後とも目が離せないサークル……否、ブランドだ。



【雑記】
 第一部のレビューにも書きましたが、多くのユーザーにプレイしていただきたい作品です。物語がどこまで広がり、そして畳まれるのか。そこに注目しています。願わくば、吉良側の視点でこの「新約」忠臣蔵を見てみたいもの。個人的なところでは、新八郎の活躍に期待しています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
【!ちゅうもーく!】
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中! 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! 「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!
カテゴリ
【!ちゅうもーく!】
【ヤキモチストリーム】応援中! 『PRETTY×CATION』を応援しています! ま~まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』
カウンター
プロフィール

Atora

Author:Atora
エロゲレビュアー歴10年目。ゲームは基本的に雑食。まわりの評判と自分の直感でプレイするものを決めるタイプ。クロシェットの大ファン。仕事が多忙につき、更新頻度が大幅に落ちています。
何かご用がありましたら lycaon-theあっとjoker.117.cx  までお願いします。

最新記事
リンク
Twitter on FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。