スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リヴォルバーガール☆ハンマーレディ」レビュー

リヴォルバーガール☆ハンマーレディリヴォルバーガール☆ハンマーレディ
(2012/08/31)
Windows

商品詳細を見る

今回は「リヴォルバーガール☆ハンマーレディ」のレビューを書きました。
アマゾンの画像がこのザマです。ヒロイン二人のことを指しているとは言え、タイトルが長いですね。
「りぼ☆はん!!」と短縮するとかわいく………はならないですよね。如何せん内容が…。
ネタバレが少しありますが、例によって隠してます。

評価(☆→★→◎→○→△→×)
シナリオ△
世界観は☆~★を付けられる。 
グラフィック★
〆鯖コハダ氏。萌えと凌辱の融合。
エッチ★
濃厚なヒギィだが、慣れた人にとっては「コク」が感じられないかも。
サウンド★
注目度低いも、世界観の底上げに一役買っている。
ボイス☆
圧巻。声優陣の喉を心配してしまうほど。 
ゲームシステム◎

世界観に秀でた近未来的マカロニウエスタン。抜きゲーであるにもかかわらず、作りこみの甘さが裏目に出た異色のゲーム。萌える絵柄の燃える凌辱は健在。
◆シナリオ◆
 世界観が著しくよい。荒涼感たっぷりの原野は、かの「TRIGUN」さながら。ウエスタンの雰囲気を味わえるエロゲーは実に貴重だ。だが渋みのある世界観に比して、物語は悔やんでも悔やみきれないほどルーズ。抜きゲーとしての実用性を重視するあまり、シナリオの部分を軽やかにしたのだろうと察するが、今回はそれが裏目に出てしまった。世界観の厚みの割に、シナリオがペラい。エロシーンを薄弱なシナリオの免罪符と考えているうちは、KAIが殻を破るのは難しいだろう。今回も踏み込みが足りなかった。



◆グラフィック、演出◆
 可愛らしい女の子たちに不釣り合いなヒギィ。〆鯖コハダ氏ならではの、アンバランスな萌え凌辱が特長的だ。水と油の関係にある両者の扱いが実に巧み。グラフィックの質は処女作よりも向上しているが、局部がテキストウインドウに隠れてしまったり、テキストよりも表現が控えめのCGがあったりと、やや性的描写に制約を感じる。
 演出は明らかに不十分。西部劇に近しい世界観でありながら、バトルシーンは緊張感に欠ける。抜きゲーで演出を求めるのはシビアかもしれないが、この世界観に手を加えないのはあまりに惜しい。



◆キャラクター◆
 陽気なツンデレガンマンのマリアに未亡人毒舌シスターのキリコという、いそうでいない二人組。イイ感じのコンビ。彼らの服装が製作陣のセンスの良さを窺わせる。とくにキリコの帽子は、まさにウエスタンのイメージ通り。またヒロイン側だけでなく、ヒール側にも一癖も二癖もあるキャラクターが揃っており、声さえつけば磐石といったところ。それだけに、シナリオ・演出・ヴォイスといった各方面での不備、不出来が余計に悔やまれる。



◆エロ◆
 ヒギィ特化の凌辱モノ。純愛要素は欠片も含まれない。絵柄を考えれば、萌え凌辱ジャンルでは向かうところ敵なし。凌辱の描写は部分的にソフトとハードを選べる硬軟自在の「ラプラスビジョン」仕様。どちらを選択するかは、ユーザーの好みによるだろう。エロゲーではおなじみの触手をはじめ、【ネタバレ?】ケツから入ってクチから出るサナダムシやスライムなど、ビギナーにとってはかなりエグいシーンもちらほら。ハードなところでは、【ネタバレ】マリアの四肢を全て骨折させた上でドリルペニスで犯すシーン、JJの足を脱白させてお腹を杭で突き破ろうとする股割きまがいのシーン、マリアとキリコを1本の触手が貫通するシーンの3つはなかなかオツなもの。このゲームでは、彼女たちの絶叫こそが悦楽の糧。ヴォイスの役割はこの上なく大きい。
 実にKAIらしいエロゲーだが、今回はそのブランド色が飽食に直結している。「ヴァルプルギス」にしろ、「ブレイズハート」にしろ、このゲームにしろ、ヒロインのやられ方に関してはさほど次元は変わらない。一作目はまだ新鮮味があった。しかし、これを三作も続けられると食傷を感じずにはいられない。「ヴァルプルギス」ではさほど指摘されなかった点が、今になって浮き彫りになってきたのは、ユーザー側の「満腹指数」が高くなった背景がある。
 その他のエロでは、予約特典パッチで追加される百合風味の濡れ場がお気に入り。〆鯖氏が手がけたゲームの中では極めて新鮮だった。この絵で純粋ないちゃラブを見てみたい気もするが、それはブランド色と相反するのは必至。



◆サウンド・ヴォイス◆
 MUSICの注目度は必ずしも高くはないが、なかなか味のある楽曲ぞろい。「GRAUNGELAND BLUES」や「BOOGIE WOOGIE OKEY DONKEY」は、特にエロゲーで馴染みが薄いメロディー。マカロニウエスタンチックな音楽が世界観に深みを与える。トラック数が15と少ないが、抜きゲーであることを念頭に置けば、このクオリティは誉められて然るべき。それよりも、このゲームで注目すべきはヴォイスだろう。青井美海・佐倉もも花・東かりんといった堅実なクレジットは、もはやKAI三作目にして鉄板の域。極めて凌辱色の強いエロシーンを、きっちりと咀嚼した上で演技なさっていると思う。いずれにせよ、現有のメンバーでヴォイスは完璧……と言いたいところだが、ヤローどものヴォイスレス仕様は疑問。エロシーンはともかく、物語を進める上では実装したほうが賢明。戦闘の間延びが酷く、もはや茶番にしか映らないからだ。



◆総評◆
 世界観が一人歩きした抜きゲーという印象。エロシーンの質が高く、萌え凌辱という他にはない特殊武器を持っているのが強み。しかし、この世界観を小さく見せるのは非経済的。新作が出るごとにエロの新鮮味が薄れていく中で、シナリオを高めるのは決して悪い選択ではないはずだ。食傷気味のユーザーをどうやって繋ぎとめるか。変化を待ちたい。



【雑記】
 ホットパンツにフィットしたマリアのキュートなお尻がそそられます。今回はパッケージ詐欺もやや抑えられた様子。嬉しいような悲しいような…。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
【!ちゅうもーく!】
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中! 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! 「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!
カテゴリ
【!ちゅうもーく!】
【ヤキモチストリーム】応援中! 『PRETTY×CATION』を応援しています! ま~まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』
カウンター
プロフィール

Atora

Author:Atora
エロゲレビュアー歴10年目。ゲームは基本的に雑食。まわりの評判と自分の直感でプレイするものを決めるタイプ。クロシェットの大ファン。仕事が多忙につき、更新頻度が大幅に落ちています。
何かご用がありましたら lycaon-theあっとjoker.117.cx  までお願いします。

最新記事
リンク
Twitter on FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。