スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「倉野くんちのふたご事情」レビュー

倉野くんちのふたご事情 初回限定版倉野くんちのふたご事情 初回限定版
(2012/11/30)
Windows

商品詳細を見る
のレビューです。

双子丼を期待していたんですが、結構な肩透かしを食らった印象です。
なんか抜きゲーとも思えんのですよ。数は多いけど抜きゲーはこんなもんじゃないと思う…。
そもそも双子である必要あったのかしら。

評価(☆→★→◎→○→△→×)
シナリオ・テキスト△ えっと、双子はどうしちゃったんでしょうか
グラフィック◎ 兼清さん。以前よりも、若干幼い描き方になったような?
エロ○ 数は多いんですけどね…
サウンド○ 主題歌は安定
ヴォイス★ 妥当な人選ですが、松田さんは意表を突いたキャラのほうが面白い気がします。お姉さんと言うよりも、あれだ、『アリアンロッド・リプレイ』のノエルみたいな。
ゲームシステム◎ 合格。セーブ箇所は☆ですが、そんなに使いません(笑


『倉野くんちのふたご事情』と言うよりも、『倉野くんと姉妹事情』と言ったほうがしっくりくる作品。エロゲーならではの双子丼が何故かなりを潜めたため、“双子”という根の部分がタイトルの持つインパクトよりも弱く感じられる。抜きゲーと言うには物足りず、シナリオゲーと言うには中身に乏しい一作。


 よく分からないゲームだった。3つの双子という頑強な土台がありながら、蓋を開けてみれば、個別シナリオ5つ+ハーレムという定型一辺倒の内容だったからだ。双子を有効活用しない構成に疑問を覚えたのは、おそらく私だけはないはず。1×6を2×3にしたところで、話の筋が1×6のままであれば、思い切って用意した3つの双子も水泡に帰すというものだ。


 双子には夢がある。なんと言っても双子丼だ。今作の双子は3組6人で、しかも上から4番目に主人公♂。あとはみんな見目麗しい女の子とくれば、めくるめく姉妹双子丼を夢見てもいいだろう。近親相姦まっしぐらなわけだ。それに加えて、今作は見方によっては5姉妹ともとれる。双子という組み合わせに拘らず、姉妹選択もよりどりみどりとくれば、ハーレムでも期待できる要素を数多く秘めていた。実に“そそる”シチュエーションを待ち望んでしまうではないか。


 しかしなんと残念なことか、このゲームのシナリオは、あろうことか双子そのものを軽視した。設定に比して、エロの方向性を違えたと断罪せざるを得ない。そもそも双子かけることの3という無茶な設定を通しているのだから、もう行くところまで行っちまってほしかった。それなのに、やれ両親の仲直りだの、やれ双子設定を蔑ろにした個別ルートだの、どうにもシリアス臭がぷんぷんする流れ。これには開いた口が塞がらない。
 あのね、そういう窮屈な物語を読みたかったわけじゃないんだ。双子のどちらかを選ぶなんて、苦渋の選択は必要ないんだ。双子とイチャイチャしたいんだ。弾けたエロでいいんだ。双子丼を食べたいんだ。これらのエロゲ的欲求は欲張りだろうか。


 この意識的な違いは、どうやらエロにまで波及したようだ。極めつけはオーラルセックスの割り振り。私はこれをエッチとは認め………ない、と言うよりも“エッチシーン”として認めたくないなあ。
 『マテリアルブレイブ』の時にも強く感じたことだが、オーラルを一つの回想シーンとして完結させるのは、やはりいかがなものかと首を傾げる次第である。前戯は前戯でしかないわけで、そこから本番以上のエロスを受け取るのはなかなかに難しいと再確認した。そもそも双子丼ありきのシチュエーションで、オーラルに少なからず傾倒した意味が分からない。ここに注力するくらいなら、もっと双子丼で本番してくれたほうがまだ救いようがあるというものだ。双子シチュはハーレム以外ではなんら役に立っておらず、ストーリーをシリアスにしているだけ。ほぼ形骸化していると言っていい。これではエロ成分の水増しに過ぎないではないか。


 つくづく融通が利かない話だと思う。双子を題材としているにしても、ハーレムではいくらでもやりようがあるだろう。例えば長女+次女、三女+長男、四女+五女といった組み合わせだけでなく、長女+三女だったり、次女+五女だったり、それこそ枠に収まりきれないほどの可能性を秘めていたはずだ。ところが、このゲームではどういうわけか個別ルートに尽力しており、次いで双子のオーラル重視という、よく分からないつくりをしている。ハーレムはグランドルートの扱いを受けているにもかかわらず、エロのボリュームがまるで足りていない。双子という設定が自縛気味になってしまうと、時としてこうなってしまうんだろう。


 それでいて当の個別シナリオは、普遍的なエロゲーのそれとなんら変わらない代物。長女と次女、四女と五女はそれぞれ選択肢でルートが分岐する。これに三女とハーレムの合わせて6つのシナリオ。この個別ルートに双子としての魅力は皆無と言ってよい。3つの双子という強烈なスパイスも、結局はその程度の話で収まってしまうわけだ。私には、双子設定をおもにエッチ方面で犠牲にして、物語を淡白にした意図がまったく見えてこない。正直に言って期待はずれである。


 ただ、萌えゲーやキャラゲーという範疇ならある程度の評価を得そうな作品ではある。妹の双子が人気投票でも好評を博したように、ユーザー次第ではキャラクターがツボに嵌ることもあるだろうから。ビジュアル面は兼清さんのポップな絵柄で不自由はしないとみる。抜きゲーとまでは到らないが、キャラゲーや萌えゲーユーザーにとってはあるいは狙い目なのかもしれない。
 3つの双子という絶好の題材を全面にアピールできなかったのは大いなる失策で、突き抜けきれない萌えゲーという印象をハーレムエンドの最後まで払拭できなかった。“3つの双子をどうするか”ということに精一杯で、“双子とどうしたいか”というエロゲーならではの欲求を忘れてしまった作品。製作者側の明確なビジョンが見えづらく、シンクロしにくい一作と言えるだろう。



【雑記】
 みことねえちゃんの特典(トレーダー)は斬新で良かったと思います。シミつきパンティーを広げた特典CGはなかなか見ない。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
【!ちゅうもーく!】
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中! 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! 「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!
カテゴリ
【!ちゅうもーく!】
【ヤキモチストリーム】応援中! 『PRETTY×CATION』を応援しています! ま~まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』
カウンター
プロフィール

Atora

Author:Atora
エロゲレビュアー歴10年目。ゲームは基本的に雑食。まわりの評判と自分の直感でプレイするものを決めるタイプ。クロシェットの大ファン。仕事が多忙につき、更新頻度が大幅に落ちています。
何かご用がありましたら lycaon-theあっとjoker.117.cx  までお願いします。

最新記事
リンク
Twitter on FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。