スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「妹ぱらだいす!2」レビュー

妹ぱらだいす! 2 ~お兄ちゃんと5人の妹のも~っと! エッチしまくりな毎日~妹ぱらだいす! 2 ~お兄ちゃんと5人の妹のも~っと! エッチしまくりな毎日~
(2013/05/31)
Windows

商品詳細を見る

手っ取り早いヤツから書きました。ストレートな抜きゲーですね。

次はChuSingura。プレイするのも、レビュー書くのも楽しみです。

エロいかエロくないかで言えば、まず大多数の人が、エロいと答えるだろう。怒涛の回想数82の数字を見ても分かるように、エロに最大限の力を入れているのは明白。コンフィグまわりも、抜きを重視した親切設計で、全体的に無駄がない………ように思える。中身のない凡百のゲームとは違い、エロに対する理解の深いゲームと言えるだろう。


 このゲームは、Hの傾向がヒロインによって異なっており、幅広いシチュエーションを堪能できるのが、大きな特長だ。しかも、決して浅く広くといった中途半端なレベルに留まらず、いずれのHシーンも相当な深さがあって、単なる抜きゲーとして終わらない強みをもっている。


 たとえば、桃花は「あまあまプレイ」、理々奈は「羞恥プレイ」、千春は「誘惑プレイ」、………という風に、エッチの傾向をヒロイン毎に専門化している点がそれだ。そのため、一般的な抜きゲーよりも、如実にヒロインの好き嫌いが分かれる。
 キャラデザはもちろん、エロコンセプトが明瞭なぶん、プレイヤーの嗜好性もはっきり出やすいという寸法だ。




 もっとも、『妹ぱらだいす!』(1)、『放課後エロゲー部』という一連の流れの中で、このようなエロコンセプト付けを図り続けてきたがゆえ、また、初代妹ぱらの子どもたちのストーリーという設定が入っているがゆえ、
視覚的にも、感覚的にも胸焼けを起こしてしまいそうになる。この点については、それぞれのパッケージを並べると、容易く感じられることだろう。
 なお、シナリオの概要については、オフィシャルで確認してほしい。私が説明するよりも、オフィシャルのあらすじこそが一番端的だからである。




 さて、肝心のエロシーンの質が高いので、回想での実用性については事欠かない。連戦連発は当たり前。1つのシーン内で、体位に変化が見られないのは、連戦するには些か残念ではあるものの、その尺の長さは誇ってよい。なかには3回戦、4回戦もあり、主人公の精力絶倫ぶりには、時の皇帝も驚くほかないだろう。
 また、動画は以前よりもクオリティアップを遂げており、カクカクとした機械的な動きではなく、より滑らかな動きへとシフトしているように思う。ただし、断面図のアニメについては、まだまだ研鑽が必要で、これは依然として努力賞レベル。2D断面図を動かすとなると、クレージュあたりを見習ったほうがよさそうだ。




 このように、実用的なゲームであること。それは疑いない。だが、優秀な抜きゲーとして鑑みるに、注文をつけたい部分も少なからずある。



 たとえば、作中におけるHシーンとシナリオの関係。どことなくベルトコンベア然としており、あまりにも漫然としすぎではないか。ひたすらエッチという印象が強く、場面一つ一つを回想として見ているような感覚では、初回プレイ時における、ユーザー側の“抜きどころ”は、まるでないに等しい。実際、回想として見るならともかく、ゲームプレイ中の実用性には、かなりの疑問符がつく。
 本来ならば、2回戦、3回戦とHシーンが長引くのは、プレイヤーにとって喜ばしいはずである。しかしながら、ゲームを進めていくことを考慮に入れると、こうも連戦が続いては、どうしても人間は疲弊してしまう。眼も、脳も、息子も、食傷気味になってしまうわけだ。




 コンフィグまわりに無駄がない「ように思える」のは、決して気のせいではない。目玉である射精カウンターが、ユーザーと連動できていないのは明らかで、部分的に徒労になっている。このゲームを1時間も進めれば、一体いくつのカウントダウンを目の当たりにするというのか。その一つ一つで、賢者に転生していては、とてもじゃないが身がもたないというもの。賢者としての時間が短いと、いつの間にか人は猿になっており、プレイする気力を奪われてしまうのだ。
射精も、射精カウンターも、ほどほどに。このゲームに回想モードがなかったら、と思うと評者として幾分寒気がする。




 もっとも、これは一種の諸刃の剣のようなもの。シナリオがオムニバス形式の体裁をとってしまう限り、この手の抜きゲーではやむを得ないシナリオ構成である。 そういうものだ、とここは一つ、賢者になるより先に、大人になるのも大切であろう。




 もう一つ注文をつけたいのは、ハーレムルートの完成度。
 個別ルートは、とにかく嗜好性が重要だった。好きな子さえ追っていればいいわけだから。ならば、ハーレムルートはどうか――――――これは、過度に期待してはいけない代物だと思う。



 たしかに、姉妹全員とエッチできるシナリオではあるのだが、それは話の筋的な問題に留まる。 一気に5人を相手にするエロシーンはないので、ハーレムを期待して買うと、痛い目にあう。視覚的には、姉妹丼を貪っているに過ぎない。これをハーレムと言うには、あまりに足りないものが多すぎる。姉妹丼は、胸を張ってハーレムとは言えないだろう。
 思えば、『妹ぱらだいす!』(1)、『放課後エロゲー部』でも、似たような不完全燃焼をしていた。次回作があれば、こちらについては一考すべきだと思われる。




 いずれにせよ、今回もHDDの中に常駐するのは間違いない。和姦抜きゲーの中にあって、伊東ライフの手がけるゲームというのは、一定の存在感がある。ゲームとしての娯楽よりも、おかずとしての実用性に富んだ一作。目的と手段さえ間違わなければ、プレイして損はない作品である。




【雑談】
◆エッチの一つに、断面図でヒロインの顔が隠れてしまってるシーンがあって、これは新手の目隠しかと訝ったけれども、たぶん違いますよね。

◆覚えてる人は少ないかもしれませんが、両親はまたエジプトですか(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
【!ちゅうもーく!】
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中! 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! 「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!
カテゴリ
【!ちゅうもーく!】
【ヤキモチストリーム】応援中! 『PRETTY×CATION』を応援しています! ま~まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』
カウンター
プロフィール

Atora

Author:Atora
エロゲレビュアー歴10年目。ゲームは基本的に雑食。まわりの評判と自分の直感でプレイするものを決めるタイプ。クロシェットの大ファン。仕事が多忙につき、更新頻度が大幅に落ちています。
何かご用がありましたら lycaon-theあっとjoker.117.cx  までお願いします。

最新記事
リンク
Twitter on FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。