スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロゲーの箱の種類について③

エロゲーの箱について①
http://bbmatora.blog11.fc2.com/blog-entry-533.html

エロゲーの箱について②
http://bbmatora.blog11.fc2.com/blog-entry-535.html

からの続き。風邪をどうにかしろってレベル。血痰は勘弁。



3.蓋身式
 見慣れない単語だが、要は蓋と身(底)が分かれているタイプ。化粧箱とも言う。エロゲーの箱としてはあまり馴染みがない箱ながら、高級感を演出できるので、若干のブランドが採用している。ういんどみるでよく見る箱なので、“どみる箱”と呼んでもよさそう。
 一般的にはお土産品でよく見られる箱である。もっと単純化した額なしの組箱は、エロゲー界隈では、たとえば色紙入れとして重宝されているようだ。

 エロゲーの蓋身式の箱はとにかく丈夫で、コスト面と量産性以外は致命的な死角がない。キャラメル式やワンピース式と異なり、スポンジを緩衝材として利用している場合が多く、内箱の傷みともほぼ無縁。また、ディスク1枚+マニュアルという単純な構成は珍しく、サントラや冊子、内蓋を同梱していることが多い。個人的にこの形状には好印象を覚えており、もっと他のメーカーも取り入れないものかと思っている。


 なお大抵の蓋身式のエロゲーは、印籠箱というタイプに細分化できる。これは、「底部分内側に、さらにもう一枠設け、蓋と身を同寸法にする形状」(注1)で、『素晴らしき日々』(初回版)や『Flyable Heart』(初回版)などが当てはまる。最近で言うと、『オトメスイッチ』において採用されていたのが記憶に新しい。

2014-04-03-135329.jpg
  蓋身式の一例
  『素晴らしき日々』(特装初回版)
  底部の内側に額がある




 純粋な蓋身式としては、『カタハネ』、『ティンクル☆くるせいだーす』、『家族計画 絆箱』(でかすぎる…)、『ワルキューレロマンツェ』(初回版)などが、一例として挙がる。ワルロマは内装に難があり、新品段階での破損があったようだ(知人が嘆いていた)。おそらくは、内箱の強度の問題だろう。デザインが凝っているだけに勿体無い。


 面白いことに、この形式は大多数の箱のタテ×ヨコの面積が広めに作られている場合が多い。そのため、どちらかというと陳列向けの箱となっている。挿して並べることはあまり意識されていないようで、パッケージを魅せたいとするブランドの意図が見て取れる。



蓋身式の箱をまとめると……


【利点】
・抜群の強度。同じ箱の重ね置きも可能
・面を見せた時の美観がそれなりにいい
・保存がしやすく、内箱の傷みとはほぼ無縁(例外もある)
・比較的薄い仕様にできる
(ワンピース式にありがちな、箱内部における空間の無駄を減らせる)


【難点】
・コスト面は比較的悪い
・量産性がさほど高くない
・帯が破れやすい(素晴らしき日々。無理してつけなくても…)
・丈夫さを追い求めるので重くなりがち
・タイトルが小さくなったり、割れたりする(印籠箱)
・挿すと目立たない。横から見ると映えにくい。


【採用ブランド】
RococoWorks(解散)、ういんどみる


参考
四季紙器 印籠箱(注1)
http://www.shikishiki.com/type-box/type_05.html

四季紙器 蓋身式 ギフト箱
http://www.shikishiki.com/type-box/type_04.html

エロゲーの箱の種類について②

エロゲーの箱について①
http://bbmatora.blog11.fc2.com/blog-entry-533.html

からの続き。まあ、くだらない備忘録みたいなもの。


 
2.ワンピース式
 キャラメルボックスと双璧をなす、オーソドックスな横開き仕様の箱。蓋と箱が一体化しており、ユーザーとしては開封時にワクワクできること請け合いだ。おそらくは、キャラメル式の箱よりも愛好者の多い型式のはずである。
 内容物の入れ方はキャラメルボックス式と大差ない。箱の中にトールケースが入っているもの(注1)もあれば、Pケースとマニュアルが入っているものもある。
 外箱の汚れについてはキャラメル式よりも耐性があり、少々の水分や汚れを弾けるような箱が多い。商品の性質から言って、より陳列、保存向きの箱の型式なのかもしれない。

2014-04-03-120336.jpg
  ワンピース式の一例
  『この大空に翼を広げて 初回版』



 この型式には硬い箱と柔らかい箱の二つがあり、硬い箱はウィルプラスのブランド(上記したPULLTOPも含まれる)やエウシュリーが好んで採用している。エウシュリーの箱はコンパクトなサイズながら、かなり独特の規格。タイトル数も多いため、ブランドごとに揃えて並べた時に映えやすい。
 
2014-04-03-120415.jpg
  ワンピース式の一例
  『魔導攻殻』
  ここ数年のエウシュリーではお馴染みの箱
  



 柔らかい箱は、催眠を得手とするC:driveやヴィーナスブラッドシリーズで知られるdualtailなどによく見られる。こちらは言うまでもなく箱の強度が低いため、重ね起きには不向き。積みゲタワーの一番下に置こうものなら、真っ先に潰れること請け合いである。
 個人的に、柔らかい箱はあまり好きではない。保存に不向きだし、新品購入時に潰れている事さえあるからだ。最近の箱は一部が巨大化する傾向にあるが、できることなら柔らかい箱の巨大化は避けてほしいものである。

2014-04-03-120436.jpg
  『Venus Blood -GAIA-』
  ペラい紙なので、強度に難がある



 この他にも、冊子+透明スリーブを採用しているクロシェット、『ぶらばん』より後の箱の形を統一したゆずソフト、そしてTYPEMOONや近年のKeyなどといった主要ブランドも採用している。


  『スズノネセブン』初回版
  透明スリーブには細かな傷がつきやすい



 最近のエロゲーによく見られるようになった紙のワンピース形式だが、嵩張ることで有名だったPC98-01のプラスチックパッケージも、ワンピースと言えばワンピースだった。聞くところによると、箱の重さが購買意欲の決め手となった時代もあったそうである。折りたためない時点で、保持数の多いプレイヤー泣かせの箱とも言える。



ワンピース式の箱をまとめると……


【利点】
・量産性は高い
・強度はなかなかのもの。保存しやすい。
・耐摩擦性がある。細かい傷はさほど目立たない(硬い箱)
・キャラメル式に見られる外箱のツメがない
・比較的軽い(柔らかい箱)
・開ける時に比較的ワクワクする
・かび、湿気にはキャラメル式よりも強い


【難点】
・小ロット生産が難しい
・箱にパッケ絵を貼り付ける仕様なので、コスト面は良くはない
・重ね置きに適していない(柔らかい箱)
・ディスクを取り出す際、緩衝材のツメに引っ掛けて破損させやすい(3番目の画像のディスク収納部分)
・少しの重みでも亀裂が走りやすい(柔らかい箱)
・内容物に重いものを入れると傷む場合がある(例:『リトルバスターズ』初回版)
・箱を大きくすればするほど傷みやすい(例:『ナマイキデレーション』、『理』)


【採用ブランド】
株式会社ウィルプラスのブランド(PULLTOP、プラリネ、Empress、Propeller、
ensemble、ETERNALなど)、エウシュリー、ゆずソフト、SAGA PLANETS、13cm、
BLACK RAINBOW、Lair-soft、アリスソフト(一部除く)、WAFFLE、MAIKA、AXL、
Westvision系、OVERDRIVE、Little Witch、TYPEMOON、Keyなど



参考
ワンピース式 四季紙器
http://www.shikishiki.com/type-box/product_09.html
注1:箱の中にトールケースが入っているワンピース形式の箱は、一例を挙げると、『ちいさな彼女の小夜曲』、『星空へ架かる橋』など。fengの直近の作品は、大体この形状である。

エロゲーの箱の種類について①

2014-04-03-161543.jpg

 エロゲーには多種多様の箱がある。今日はその箱の話でも。
どういう箱の種類があるのかを見ていくだけの軽いお話。
学問的にまとめることはしない(と言うよりできない)ので悪しからず。




1.キャラメル式
 どこにでも見かける、汎用性の高いタイプの箱。外箱に使われることが多く、上下から内箱を取り出せるのが特徴。外箱の中には、N式箱と呼ばれる横開きの内箱が入っており、それに加えて緩衝用段ボール+内容物というのが大抵のパターンだ。トールケースが入ってる場合もある(注1)。ツメの部分で遊ぶブランドも存在する(注2)。

2014-04-03-111126.jpg
 キャラメル箱の一例
 『グリザイアの果実』初回版


2014-04-03-111556.jpg
  N式箱の一例
  古参には思い出深い
  『DOUBLE』



上は一例。内箱にはバリエーションがあり、ソフトハウスキャラのように、内箱にディスクが剥き出しに付いているタイプもあれば、戯画のように、内箱もキャラメル式になっているタイプもある(もちろんバルドスカイといった例外も存在する)。

 また、『Re:birth colony -Lost azurite - 』のようなタイプ(横スリーブ+N式箱)や、『12の月のイヴ シンプル版』のようなタイプ(縦スリーブ+N式箱)もあり、バリエーションは尽きない。後者は古いゲームに良く見られたが、如何せん箱の突端部の色が落ちやすいようだ。昨今では貴重な様式かもしれない。


  
  さほどお目にかかれなくなった
  スリーブ形式たち


2014-04-03-165851.jpg
  
  『12の月のイヴ』シンプル版
   B5~A4サイズの形状


この箱は老舗が採用している印象が強いが、コストの安さからか、幅広いブランドで採用されているようだ。美観性はさほどよくはないが、ロット数が少なくても注文できる利点もあって、新興ブランドにも優しい。いまだに根強い形状だと言えるだろう。


 キャラメル式の箱をまとめると……


【利点】
・コストが安く、量産性が高い
・陳列性が高く、同じ箱の重ね置きにも適している(もちろん限度はある)
・オーソドックスなタイプなので、小売は景観を整えやすい
・凹凸がないため、最もラッピングしやすい(本当です)
・ロット数が少なくても発注できる(リピートに対する強み)


【難点】
・強度はそれほど強くない
・ある意味没個性的
・外箱を開封したときに、ツメの部分が折れやすい(開封した証拠という噂も)
・内箱内部の仕切りが破損しやすい(戯画タイプ)
・ディスクケースを取り出しにくく、破損の元になる(ソフトハウスキャラタイプ)
・マニュアルを取り出そうとして、開口部とは違うところを破ってしまう人がいる(ソフトハウスキャラタイプ)
・内側の緩衝材が裏面から傷みやすい(ディスクを取り出す際に引っかかる)
・ワンピース式よりも、かび、湿気に弱い
・薄い擦過傷がつきやすく、数が増えると目立ってしまう


【採用ブランド】
 イリュージョン(内箱がやや特殊)、マリゴールド系列、FrontWing、
テックアーツ系列、コットンソフト、ALcot、Purple software、アイル、
Whirlpool、Frill、Mink、ソフトハウスキャラ戯画、エスクード、
アーベル系、ANIM、つるみく、ブルームハンドル、CLOCKUPなど




【参考】
N式箱  四季紙器 http://www.shikishiki.com/type-box/product_15.html
キャラメル箱  四季紙器 http://www.shikishiki.com/type-box/type_01.html)
注1:トールケースが入っている場合 『真・恋姫無双』など
注2:SMEEの『同棲ラブラブル』など
【!ちゅうもーく!】
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中! 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! 「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!
カテゴリ
【!ちゅうもーく!】
【ヤキモチストリーム】応援中! 『PRETTY×CATION』を応援しています! ま~まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』
カウンター
プロフィール

Atora

Author:Atora
エロゲレビュアー歴10年目。ゲームは基本的に雑食。まわりの評判と自分の直感でプレイするものを決めるタイプ。クロシェットの大ファン。仕事が多忙につき、更新頻度が大幅に落ちています。
何かご用がありましたら lycaon-theあっとjoker.117.cx  までお願いします。

最新記事
リンク
Twitter on FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。